さんさん沖縄

沖縄県の地域情報発信サイト

沖縄ローカル情報

沖縄の「サトウキビ収穫バイト」とは?

投稿日:2020年12月5日 更新日:

サトウキビ

沖縄の短期バイトの中には、農業系バイトもあります。なかでも人手が必要なうえに重労働なサトウキビ収穫バイトは、毎年多くの求人が出ます。では沖縄のサトウキビ収穫バイトではどんなことをするのでしょうか?

求人が集中するのは冬から春まで

サトウキビの収穫時期は冬から春にかけての数か月です。夏の時期は歌の歌詞にもあるようにサトウキビが風に揺れている風景に心癒されるものがありますが、収穫時期になるとその様子もだいぶ変わります。

そもそもサトウキビが受け付けられるのは春過ぎ~初夏にかけてです。約30㎝のサトウキビの茎を畑一面に植え付けていきますが、1年後のサトウキビは大きく成長し畑の中に入ると人の姿が完全に隠れてしまいます。

そんなサトウキビの収穫は12~3月までです。1年中ほぼ夏日の沖縄ですが、この時期だけは気温が下がります。サトウキビは気温が下がることで糖分が増していきますので、この時期が収穫時期となります。

農業においてはいろいろな分野において機械化が進んでいますが、サトウキビの収穫作業だけは例外です。そのためほとんどのサトウキビは、未だに人の手によって借り入れらます。もちろん人の背よりもはるかに高い位置まで成長したサトウキビを切り倒すのは簡単ではありません。そのため昔からこの時期になると村人総出で、村中のサトウキビ畑を全員で順番に刈り取っていったといわれています。

切り倒すだけがバイトの仕事じゃない

サトウキビ

サトウキビを切り倒すだけでも重労働なのですが、サトウキビ収穫バイトの作業はこれだけではありません。切り倒したサトウキビは、そのままにしておくと切り口から糖分が変化してしまいます。もちろん味や品質にも関係してくるので、とにかくその日のうちに工場に持ち込まなければいけません。

そのため数本切り倒したらそれを束ねて所定の場所に移動させます。移動させたらまた元の場所に戻り、また同じようにサトウキビを切り倒します。この作業は休憩をはさみつつ延々と続けていきます。

出荷前の作業も重労働

刈り取り作業と移動の作業の繰り返しだけでもへとへとになりますが、バイトの仕事はまだまだあります。

今度は刈り取ったサトウキビを精糖工場に運び出すための「かさぎ」という作業があります。これは精糖には必要のない先端部分と茎の枯葉を落とす作業のことで、最終的には茎だけの状態にします。ここまできてようやく集荷トラックに乗せるためにロープでひとまとめにします。ただし集荷用のトラックが畑にやってくるのは夕方なので、かさぎが終わったらまたサトウキビの刈り取り作業に戻ります。

一般的に朝8時から始まり夕方5時ごろまでが作業時間ですが、作業は晴れの日だけでなく雨の日も休みなしで続けられます。この過酷な労働ゆえに、サトウキビ収穫バイトはわずか数日で辞めてしまう人もたくさんいます。

サトウキビ畑の中には強敵も潜んでいる

サトウキビの収穫バイトを体験した人であればだれでも知っていることですが、畑の中には恐ろしい強敵も潜んでいます。それが「ハブ」です。

ハブの身長は平均1~1.5mですが、最長クラスになると2m以上にもなります。体重も平均的なハブは1~2㎏なのですが、最大クラスは3㎏のハブも確認されています。

そもそも人気のいない場所に隠れて生活しているハブなので、街の中や人通りのある場所で見かけることはありません。ところが収穫時期を迎えたサトウキビ畑は一歩足を踏み入れると中の様子が全く見えなくなります。しかもよほどのことがない限りサトウキビ畑の中に人が入ることはありません。そのためハブにとっては格好の隠れ場所になっているのです。

隠れている場所もサトウキビの根元の枯葉の下が多いです。そのため「夢中でサトウキビを刈り取っていたら突然目の前に巨大なハブが現れた!」という話もバイト経験者の間ではよく耳にする話です。

過酷なのになぜかリピーターが多いサトウキビ収穫バイト

過酷な労働が1日中続くサトウキビ収穫バイトですが、なぜかリピーターも多いです。その理由がどこにあるのかは人によっても違うのですが、リピートしている人の多くは「日常生活では味わえない達成感がある」といいます。

毎日代り映えのない生活に不満があるという人ほどハマってしまうという不思議な農業系バイト・サトウキビ収穫。気になる方は冬頃に募集される求人をチェックしてみてはいかがですか?

-沖縄ローカル情報

関連記事

雨

かつての沖縄ではあの手この手で雨乞いをしていた

毎年台風の被害に悩む沖縄ですが、沖縄にとって台風は、恵みの雨をもたらしてくれる存在でもあります。台風によって、すぐに水不足に陥ってしまう沖縄では、昔から伝わる様々な雨乞いの儀式があります。 水不足→不 …

ホタル

沖縄でホタルの見える場所ベスト3

自然豊かな沖縄とはいえ、「ホタルが観察できる場所」となるとなかなかそう簡単には見つかりません。でもそんな沖縄でホタルが見れる絶好のスポットがあります。今回はその中からベスト3を紹介します。 沖縄でぜひ …

平和祈念公園

沖縄と本州、終戦記念日に対する考え方の違いとは?

8月15日といえば「終戦記念日」。戦争と平和について改めて考えるイベントなども多く行われますが、沖縄では終戦記念日よりも6月の「慰霊の日」を大事にします。沖縄と本州で異なるこの違いとは? そもそも終戦 …

LGBT

【沖縄のLGBT相談所】沖縄が抱えるLGBTの問題と対策とは?

LGBTを取り巻く環境は少しずつ変わっているといわれる沖縄。でもまだまだ「生きやすい」と感じるレベルまでにはたどり着いていないようです。そんな沖縄にLGBT相談所が開設。今の沖縄にはどんな問題と対策が …

歌手

伝説の沖縄グループ【フィンガー5】実はその後も凄かった

様々なヒット曲を世に出しながらもいつの間にかに消えていた沖縄出身のグループ【フィンガー5】。ところが未だにフィンガー5人気は衰えません。それどころかこんなところでは今も超人気者なのです。 現役時代のフ …