さんさん沖縄

沖縄県の地域情報発信サイト

沖縄ローカル情報

沖縄で過ごすお正月!おすすめの初詣スポットは?

投稿日:2018年12月5日 更新日:

神社

お正月を沖縄で過ごす人も多いはず!そしてお正月といえば初詣は欠かせません。でも観光スポット情報は多くあっても、初詣スポットとなると…。そこで沖縄で有名な神社からご利益の高いスポットまで紹介します。

人気ナンバーワンの初詣スポット【波上宮】

沖縄の玄関口である那覇空港からも近い波上(なみのうえぐう)は、波の上ビーチのすぐそばにある地元では人気ナンバーワンの初詣スポットです。海を見下ろす岩の上に建てられている波上宮は、五穀豊穣と大漁を願って昔から多くの沖縄県民が訪れていました。

元々沖縄では海の彼方に「ニライカナイ」と呼ばれる神々が住む聖なる場所があると考えられています。そのため海に向かって社が建てられている波上宮は、昔から沖縄の人々の祈りの聖地であり、拝所でもあります。

波上宮の御祭神
  • イザナミノミコト
  • ハヤタマヲノミコト
  • コトサカヲノミコト

波上宮の詳細

  • 住所:沖縄県那覇市若狭1-25-11
  • 電話:098-868-3697

縁結びの神様としても人気がある初詣スポット【普天間宮】

沖縄には「琉球八社」と呼ばれる歴史ある神社が8つ存在するのですが、そのうちの1つが普天間宮です。沖縄本島中部に位置する普天間宮はこの地域では最大の聖地として知られており、毎年初詣のシーズンには多くの参拝客が訪れます。

普天間宮は地元では縁結びの神様としても非常に有名です。そのため良縁を望む人々が多く参拝したり、縁結びの神様の前で永遠の愛を誓うために結婚式を行う人もいます。

普天間宮の境内には洞窟があり、その場所は特に聖域であるといわれています。なんでもその昔琉球王朝時代に王様やその一族が多く集まっていた首里桃原(とうばる)に、非常に位の高い女神さまが出現され、その後普天間宮にある洞窟に籠られたといいます。

また普天間宮の洞窟の中からある日仙人が現れ、「我は熊野権現なり」と名乗ったという伝承も残っています。ちなみに熊野権現は、熊野三山に祀られる霊験あらたかな神様といわれており、現在では日本全国にある3千余の神社で祀られています。

  • 住所:沖縄県宜野湾市普天間1-27-10
  • 電話:098-892-3344

由緒正しい初詣スポット【沖縄県護国神社】

沖縄県護国神社は先の戦争にて亡くなった英霊を奉納するために、昭和15年7月1日に内務省による省令によって指定護国神社となった場所です。現在では郷土関係諸国の御霊だけでなく、本土出身の英霊及び戦争で犠牲となった県内の一般住民や避難学童などの御霊を祀っています。

このように説明すると靖国神社と同じようなイメージを持たれてしまうかもしれませんが、実はこちらの神社は「商売繁盛」のご利益があるとして沖縄県内では有名なスポットです。さらに縁結びの神様としても有名な神社なので、初詣期間中以外でも多くの参拝客が訪れます。

  • 住所:沖縄県那覇市奥武山町44番地
  • 電話:098-857-7917

交通安全の神さまがいる初詣スポット【成田山福泉寺】

沖縄の道路をドライブしていると、「成田山」と書かれた交通安全のステッカーが張られた車を見かけることがよくあります。実はそのステッカーを配布しているのが、交通安全の神さまとして県内で有名な「成田山福泉寺」です。

成田山福泉寺は山の上にあり、後ろ側に中城山を控え正面には太平洋が見える景勝地としても有名な場所です。境内からは太平洋から登ってくる初日の出を拝むことが出来ることでも知られており、初詣だけでなく初日の出スポットとしても人気があります。

成田山福泉寺が交通安全の神さまとして有名なのは、沖縄県のある歴史と関係があります。終戦後アメリカ軍の占領下におかれた沖縄では、車はアメリカと同じ右側通行でした。本土復帰によって昭和53年7月30日に本州同様に左側通行へと変わったため、成田山福泉寺では車線変更によって事故が起こらないようにと本尊である不動明王に祈願を立てます。そのご利益のおかげなのか、その後車線変更による事故が一件も起こらなかったといいます。

現在は那覇空港を中心に一部モノレールが運行していますが、沖縄本島内においては未だに電車はありません。ですから沖縄に住む人々にとって車は、生活の必需品です。そのため交通安全のご利益が高いといわれている成田山福泉寺には、毎年多くの参拝客が交通安全祈願のために訪れます。

  • 住所:沖縄県中城村伊舎堂617番地
  • 電話:098-895-2076

沖縄最古の仁王像が安置されている初詣スポット【桃林寺】

石垣市にある桃林(とうりん)寺は、1614年に開山された臨済宗妙心寺派のお寺です。桃林寺の隣には権現堂が建てられており、社殿には熊野権現が祀られています。

桃林寺は1737年に仁王像が建立します。ところが1771年にこの地方を襲った八重山地震による大津波によって桃林寺と権現堂は破壊してしまいます。さらに桃林寺に建立されていた仁王像は、大津波によって流されてしまいます。

ところが流されてしまった仁王像は、その後埼枝湾の海岸に打ち上げられているのが見つかります。そのため再び桃原寺へと戻されます。その後もこの仁王像は1933年に起こった大型台風の影響で被害を受けてしまいますが、1937年には修復されました。

度重なる災害によって被害を受けつつも未だに境内にて石垣の人々の暮らしを守り続けている仁王像は、現在沖縄県指定有形文化財に指定されています。そして八重山列島で切り出されたオガタマノキで彫られた桃林寺の仁王像は、沖縄県内で現存する最古の木彫りとして今も人々の信仰の対象となっています。

  • 住所:沖縄県石垣市石垣島石垣285
  • 電話:0980-82-2142

-沖縄ローカル情報

関連記事

山

沖縄で標高の高い山ベスト5

日本最高峰の山といえば富士山!登山シーズンには国内外から多くの登山客が訪れます。それに比べて海に囲まれた沖縄では、山の存在はかなり低い…。では沖縄で標高の高い山といえばどんなところがあるのでしょう? …

バスケ

県民が熱狂する沖縄のバスケットボールチーム

BJリーグで過去4度優勝を飾った沖縄の琉球ゴールデンキングス。その活躍もあり、沖縄はバスケットボールファンが多い!県出身選手が多く活躍する、注目の沖縄のプロチームの魅力と見所を紹介! なぜ沖縄でこれだ …

弁当

沖縄のお弁当に付けられている不思議な魔除け

沖縄でお弁当や折箱を注文すると、不思議な形をしたお守りが添えられていることがよくあります。実はこのお守りは、沖縄ではとてもメジャーなお守り。一体どんな魔物から、お弁当を守っているのでしょう? 沖縄には …

沖縄

沖縄では屋号で個人や家柄が分かる

沖縄には、一般的な名前よりも屋号を聞かれることがあります。本土では馴染みが薄い屋号ですが、実は沖縄の人にとっては、屋号だけで個人や家柄、ご先祖様の職業までわかることも…。沖縄の屋号の秘密とは? そもそ …

雨

かつての沖縄ではあの手この手で雨乞いをしていた

毎年台風の被害に悩む沖縄ですが、沖縄にとって台風は、恵みの雨をもたらしてくれる存在でもあります。台風によって、すぐに水不足に陥ってしまう沖縄では、昔から伝わる様々な雨乞いの儀式があります。 水不足→不 …