さんさん沖縄

沖縄県の地域情報発信サイト

沖縄観光

沖縄本島と橋で繋がっている古宇利島ってどんなとこ?

投稿日:

古宇利島

那覇市内から車で約2時間。ちゅら海水族館も今帰仁城も通り過ぎて島を一つ経由したところにある小さな島、それが古宇利島です。あまり知られていない静かな場所でしたが数年前のアイドルグループ「嵐」が出演したJALのCMでその名が知れ渡り、一気に人気の観光地になりました。車でたった10分で一周できる小さな島です。今回はそんな小さな島の魅力をご紹介します。

初めていく時は天気の好い日を選んで!!

古宇利島は本島と直接繋がっていません。じゃあ船で行かなくちゃいけないの?いえいえ、そんなことはなくて、本島から屋我地島に渡り、屋我地島から古宇利大橋を渡って行くことが出来ます。ぜんぜん大変ではありません。

これから古宇利島に行く方にお願いしたいのですが、古宇利島に行く時は是非是非、天気の良い日を選んでいただきたいのです。国道247号線を走っていて、いよいよ古宇利島が見えてきた!という所で道は下りの急勾配になります。

この時、天気が良いと最初の絶景に出会えてしまうのです。近づくにつれてそれまでずっと林の中を進んでいたのが、だんだん開けていき、古宇利島にまっすぐ伸びる一本の橋とそれを挟む眩しいほど青い海を見下ろすように進んでいくのです。そこに向かって走っていく爽快感と海の上を走っているような疾走感に大興奮!思わず叫びたくなるはずです。

古宇利大橋

まだ新しい展望タワー

古宇利大橋を興奮しながら渡っていくと山の斜面に小さなタケノコのような白い建物が建っているのが目に入ります。「古宇利オーシャンタワー」です。平成25年に出来たばかりの海抜82メートルから絶景を望める展望塔で、古宇利島資料館、屋内展望フロア、オーシャンデッキがあり、自動運転カートで移動が楽しめます。

古宇利大橋を臨む絶景が見渡せるスタイリッシュなレストランでは石垣牛と島豚あぐーのプレミアムハンバーグ、本格釜で焼いたナポリピッツァや南国フルーツをふんだんに使ったデザートビュッフェが楽しめます。古宇利島に渡ったら最初はここで情報収集してもいいですね。

古宇利島のアツいビーチ

古宇利島に渡ると橋の下は海水浴場になっています。海の家やアイスクリーム、取れたての美味しいフルーツや野菜が売られているお土産屋さんがあり、いつも大勢のお客さんで賑わっています。また渡ってきたばかりの古宇利大橋を歩いてみるのも楽しいですよ。そしてもう一つ人気のビーチがあります。今、古宇利島でアツイ場所、それは嵐のCMの舞台になったハートロックビーチです。海岸からそんなに離れていない海の中にハートの形をした天然の大岩があります。

ハートロック

ハートといってもちょっとボロボロなハートにも見えるのですが、とにかくカップルに大人気。カップル以外も連日沢山の人が詰め掛けています。

本当かどうかは知りませんが、カップルで見れば幸せになれる、のだそうです。少し急な斜面を降りていきます。そんなに大きな場所ではありませんが潮が引いている時はハートロックにタッチすることも可能。車はカフェの駐車場に有料で停めることができます。道が狭いので溝にはまらないように気をつけて。

 

アダムとイブの神話

古宇利島は“恋の島”とも呼ばれています。大昔、この島にアダムとイブが暮らしていて、彼らの子孫が琉球人の祖になったという伝説があるのです。

実際に二人が暮らしたといわれる岩陰の半洞窟もあります。実際に竪穴式住居の跡が見つかっていますので本当にアダムとイブがいたのかもしれませんね。古宇利大橋から徒歩5分ほどの道路の脇にある階段で実際にその岩場に行くことが出来ますが、潮の満ち引きによっては行けない時もあるので無理をしないようにしましょう。

新しい展望タワー、そして伝説と絶景が楽しめる小さな恋の島、古宇利島。きっと素敵な思い出ができるはずです。

-沖縄観光

関連記事

海

沖縄旅行を満喫するために必要なもの

沖縄の青い海が呼んでいる・・・準備の段階から旅はもう始まってます。スーツケースに入れる物、もう決まっていますか?もしかして前日準備しながら「もしかして忘れ物があるんじゃないかな・・・」と不安になってい …

やちむん

沖縄の焼物の魅力とは?

旅行にきたら、その土地の焼き物を見るのも楽しみの一つ。もちろん沖縄にも、やちむん通りで有名な壷屋焼以外に数多くの産地があります。そこで、見て楽しくて、買ってうれしい沖縄の焼き物を紹介します。 沖縄の焼 …

首里城

沖縄の世界遺産をご紹介

沖縄には平成12年にユネスコの世界遺産に登録された文化遺産があります。それも九つもです。最も有名なものは朱色が鮮やかな首里城跡ですね。城を「グスク」と呼ぶように、日本でありながら独自の文化を築き上げて …

竹富島

竹富島への行き方

珊瑚が敷かれた白い道と赤瓦の集落、咲き乱れるブーゲンビリアの花、どこからか聞こえてくるサンシンの音色・・・。これぞ沖縄!という古きよき時代の原風景が今なおしっかりと残っている八重山諸島の島、それが竹富 …

ホエールウォッチング

沖縄で楽しめるホエールウォッチング

夏のイメージが強い沖縄ですが冬の沖縄も見逃せないビッグイベントがあります。ちゅら海水族館でも会えない大きな海洋生物、といえば?そう、クジラです。秋から冬にかけて遠いアラスカから約9000キロも旅をして …