さんさん沖縄

沖縄県の地域情報発信サイト

沖縄観光

宮古島観光で外せない美しいビーチ10選

投稿日:2019年10月5日 更新日:

宮古島といえば「沖縄一美しい海」といわれています。今回は、海遊びデビューのファミリー向けビーチからリピーターに人気の絶景ビーチ、ほぼプライベートビーチ状態の穴場まで全10ヶ所紹介します。

与那覇前浜ビーチ

与那覇前浜ビーチ

沖縄一どころか全国の美しいビーチの中でも常にトップクラスに名前が上がるのが、宮古空港から車で20分の距離にある与那覇前浜ビーチです。最大の特徴は、宮古島で最長となる全長7㎞に及ぶ白い砂浜。来間大橋近くの前浜港から見ると、この美しい7㎞の白い砂浜の全景を見ることが出来ます。

とにかくおすすめしたいのが、海の透明度の高さです。大人の胸元当たりまでの水深ならゆうに足元が見えるほどの透明度。足がつかなくなるあたりからは、エメラルドグリーンの美しい海が延々と広がっています。

サンセットタイムもおすすめ

日中、美しい海で思いっきり遊ぶのもおすすめなのですが、地元では夕日が美しく見えるスポットとしても有名なのが与那覇前浜ビーチです。真っ白な砂浜に座り、ゆっくりと色を変えていく空と海を見ながら過ごすサンセットタイムは、昼間とは全く印象が違う大人の時間を演出してくれます。

砂山ビーチ

砂山ビーチ

宮古島の西側に位置するビーチです。砂山と呼ばれる丘を登りきると、眼下に広がるのが真っ白な砂浜と天然岩のアーチが目に飛び込んできます。2016年には、トリップアドバイザー発表の「トラベラーズチョイス世界のベストビーチ2016」で、10位にも選ばれています。

宮古島の市街地から約4㎞という好立地にあるため観光客の数が多いのが気になりますが、砂山と天然岩のアーチが混在する景色は砂山ビーチならではの光景。ただし潮の流れが速いこともあり、小さな子ども連れのファミリーがビーチ遊びをするには少し不向きかもしれません。

大人の海時間を過ごすにはぴったり

白い砂浜と青い海を目で見て楽しみたい大人の観光客に人気が高いのが、砂山ビーチの特徴です。きめ細やかな砂浜はさらさらと肌触りが良いため、のんびりと歩くだけでも癒されます。

おすすめなのが、観光客が少なくなるサンセットタイム。天然の岩のアーチをバックに白い砂浜の上でゆっくりと沈んでゆく夕日を眺めていると、慌ただしい日常をしばし忘れさせてくれるはずです。

長間浜

長間浜

穴場の絶景ビーチを探しているのなら、来間島の長間浜に足を運んでください。大橋が開通したことによって宮古島から車でアクセスできるようになったため、昔よりは訪れる人の数も増えた長間浜。それでもほぼ観光化されていない長間浜は、入口が見つかりにくいこともあって未だにほぼ人が訪れない穴場のビーチです。

長間浜は公共の海水浴場ではありませんので、シャワーなどの設備はありません。しかも沖に少し出ると潮の流れが非常に速くなるため、小さな子供たちとビーチ遊びをする場所としては適していません。そのためか、美しく穴場のビーチなのですがシーズン期間中でものんびりと海を楽しむことが出来ます。

満天の星が見られる大人の海時間が楽しめる

長間浜は、集落から離れていることもあり周囲に街灯がありません。そのため地元では満天の星が見られる穴場スポットとしても有名です。波が打ち寄せる音をBGMに心行くまで星を見る贅沢な時間。これぞまさに「大人の海の楽しみ方」です。

新城海岸

新城海岸

シーズン中は毎年10万人以上もの人が訪れる宮古島屈指の人気ビーチが、新城海岸です。宮古島の東側に位置する新城海岸ですが、遠浅のビーチであり、しかもシャワーやトイレ、駐車場などの設備が充実していることもあって幅広い層から人気があります。しかも驚くことにこれらすべての設備がすべて無料!これはファミリーやグループで観光する人にはうれしいサービスです。

小さな子供も一日遊べる充実のサービス

子連れ旅行者にとっては、「美しい海で遊ばせたい」という気持ちと同じくらい「安全で安心な海で遊ばせたい」という気持ちが強いはずです。そんな人にうってつけのビーチなのが、新城海岸なのです。

なにしろ新城海岸の海は遠浅なので、初めて海遊びを体験する小さなお子さんでも安心して遊ばせることが出来ます。しかも「クマノミマンション」といってクマノミが集中している地域にブイがたっているため、初めて訪れる人でも簡単にポイントを見つけることが出来ます。

もっとすごいのは、シュノーケリング初体験の人のために無料でシュノーケル講習を行っていること!ただしシュノーケルに必要な道具をレンタルした人限定のサービスですので、その点だけはご注意を!

吉野海岸

新城海岸から車で約15分の場所にあるのが、吉野海岸です。吉野海岸の特徴は、砂浜のすぐそばに珊瑚礁があることです。そのため珊瑚礁を寝床にしている熱帯魚の数が驚くほど多いです。しかもビーチの最大深度が2mと比較的浅瀬なので、子どもと一緒にシュノーケルを楽しみたいファミリー層におすすめです。

子連れで1日遊ぶにはちょっと難あり

吉野海岸はトイレ・シャワー・更衣室は完備しています。ただし数が少ないため、小さな子供がいる場合は不便さを感じるかもしれません。

駐車場も完備されていますがビーチから少し離れているため、荷物が多いファミリーにはあまり向かないかもしれません。駐車場からビーチまでは無料の送迎がついていますが、常にビーチに待機しているわけではないのでこれも不便に感じるかもしれません。

ただし2~3時間程度のシュノーケルを体験するだけなら、場所としては最高なのでおすすめです。

真謝海岸

真謝漁港を挟むように両サイドにあるのが、真謝海岸です。北側にあるビーチはサンゴ礁が砂浜から近い場所に点在しているため、シュノーケリングを楽しみたい人におすすめです。反対に南側にあるビーチは砂浜が広がっているため、波打ち際でのんびりと海遊びをするのに適しています。

北側にあるビーチは遠浅なのですが、砂浜のすぐ近くから珊瑚礁が続いているため、シュノーケリングに自信がない人でも簡単に楽しむことが出来ます。しかも海の透明度は高いので、珊瑚礁に集まる熱帯魚を目の前で見て楽しむことが出来ます。

公共の海水浴場ではありません

真謝海岸は、公共の海水浴場ではありません。トイレは漁港内にありますが、シャワーはありません。海岸専用の駐車場もありませんので、止める際には通行の邪魔にならないように注意してください。

基本的には地元でもあまり利用することがないビーチなので穴場感は楽しめるのですが、その分、遊泳などに関しては自己責任を伴うことを理解しておく必要があります。また観光地化されていませんので、地元住民への配慮も考えながら楽しむようにしてください。

お浜

池間大橋のすぐ近くにある池間島のビーチです。池間島には穴場のビーチが多いのですが、穴場になるほど場所がわかりにくいということもあり、結果的に目的地にたどり着けないということも…。

その点、来間大橋のすぐわきにあるお浜は、講習道路や駐車場のほかにも周辺にはお土産品店などもあるため、気軽に楽しめるビーチとしても人気があります。

ドライブインの上から見る池間ブルーは見逃せない

お浜は来間大橋のたもとにあるドライブインのすぐ横にあるのですが、池間ブルーの海を見たいのであればドライブインから眺めるのがおすすめです。ビーチに下りて海を見るのも良いのですが、澄んだ青い海を堪能するならやはり上から見るのが一番!ベストショットもこちらからの方が狙えますよ。

長崎浜

来間島の南側に位置するのが、長崎浜です。公共の海水浴場ではないためシーズンでもほとんど訪れる人がいない、小さな穴場のビーチです。真っ白な砂浜と抜群の海の透明度が魅力で、のんびりと海を見ながら過ごすのにおすすめの場所です。

ただし潮の流れが速いのと岩場が多いために、海遊びをするにはあまり適していません。でもタコのオブジェがある公園の下あたりは天然のプールのようになっているので、波打ち際でのんびりと水遊びをするのにはおすすめです。

ドライブの合間の休憩に立ち寄ってみて!

「海遊びを楽しむおすすめスポット」というよりは、「岩山のふもとに突如現れた小さな穴場ビーチ」という感じです。ドライブの最中にちょっと休憩がしたくなった時に立ち寄ってみるのが、個人的にはおすすめです。

ほとんど人が訪れることがないスポットなので、周りの目を気にすることなくのんびりとお昼寝をしてみるのもいいですよ。

渡口の浜

伊良部島で最も美しいビーチといわれているのが、天然の砂浜が広がる渡口の浜です。かつては宮古島からフェリーまたは高速船に乗らなければ渡ることが出来なかった伊良部島ですが、今では伊良部大橋が宮古島とつながったことによってアクセスもかなり便利になりました。

渡口の浜の砂浜は約800mにおよび緩やかな弓状を描いており、浜の両端にそれぞれ入口があります。面白いのは浜の西側と東側によって違った印象のビーチを楽しむことが出来る点です。西側には防波堤もあり釣りを楽しむ人の姿も見えます。東側は白い砂浜と海以外は何もない広大な景色が広がっています。

景色を楽しむなら東側

「これぞ南国ビーチ」という景色を見たいのであれば、西側ではなく東側のビーチを訊ねてみるのがおすすめです。どこまでも広がる海と白い砂浜が延々と広がる光景は、見ているだけも満足できますよ。

カギンミヒダビーチ

宮古島から池間大橋を渡った池間島にある穴場のビーチが、カギンミヒダビーチです。このビーチはロープを伝って下りたところにビーチが広がる、県内でも非常に珍しいのが特徴です。浅瀬であるにもかかわらず砂浜のすぐ近くに珊瑚礁が広がっているため、シュノーケリングで手軽に熱帯魚を観察したり近くで貝採集を楽しむこともできます。

サトウキビ畑と海のコントラストが面白い

カギンミヒダビーチは、ビーチのすぐそばにサトウキビ畑があるのも特徴です。美しい白い砂と青い海にサトウキビ畑の色鮮やかな緑色が加わるのは、沖縄に数あるビーチの中でも非常に珍しい!カギンミヒダビーチだから見ることが出来るのんびりとした島の風景をぜひどうぞ!

-沖縄観光

関連記事

冬

冬でも楽しめる!空いている沖縄を満喫しよう

マリンスポーツで有名な沖縄ですが、沖縄は冬でも最低気温が15度ほどで肌寒い程度です。また、シーズンオフであればツアー料金も安くなります。冬の沖縄旅行の楽しみ方をご紹介します。 冬だから楽しめるホエール …

海

沖縄旅行を満喫するために必要なもの

沖縄の青い海が呼んでいる・・・準備の段階から旅はもう始まってます。スーツケースに入れる物、もう決まっていますか?もしかして前日準備しながら「もしかして忘れ物があるんじゃないかな・・・」と不安になってい …

沖縄

沖縄旅行に欠かせない物って?持っていくべき物3つをご紹介!

沖縄旅行に必須の持ち物とは 沖縄旅行に行くと考えるだけで、心が躍るほどドキドキしますね。準備をするにも熱がこもります。あれもこれもとたくさん荷物を準備するのはいいけれど、大きなスーツケースでは電車やタ …

美ら海水族館

美ら海水族館へ行こう!

日本には大小含めて100以上の水族館があります。日本最大級のホテル予約サイト「じゃらん」おすすめ水族館ランキングで1位を守り続けているのは沖縄県の美ら海水族館。中心地那覇から自動車で2時間という距離に …

茅打バンタ

沖縄本島で外せない自然・景勝地7選

豊かな海と自然に囲まれた沖縄。街を歩くだけでも南国の島の風を感じることが出来るのですが、あえて出かけなければ見ることが出来ない景色もあります。今回は沖縄本島でおすすめの自然・景勝地を紹介します。 万座 …