さんさん沖縄

沖縄県の地域情報発信サイト

沖縄観光

沖縄旅行を満喫するために必要なもの

投稿日:2017年8月28日 更新日:

海

沖縄の青い海が呼んでいる・・・準備の段階から旅はもう始まってます。スーツケースに入れる物、もう決まっていますか?もしかして前日準備しながら「もしかして忘れ物があるんじゃないかな・・・」と不安になっていませんか?そんなことのないように沖縄旅行を元気に最高に楽しむためにマストなものをご紹介します。沖縄旅行の準備にご活用ください。

沖縄ではクレジットカードよりも現金

那覇周辺や大きなホテルでは問題なくクレジットカードが使えますが、アクティビティ、民宿、食堂などは現金払いのところがほとんどです。沖縄に来たら、ちょっと昔に戻って現金主義になりましょう。とにかく現金さえ持っていれば安心です。

日焼けを最低限にするために

沖縄の日差しは他県の日差しとはもって非なるもの。舐めてかかると痛い目に遭いますよ。絶対に必要なのは日焼け止め。

日焼け止めもいろいろ種類がありますが、日焼けや肌に赤みを引き起こすUV-Bを防ぐ数値であるSPFは最低でも30以上、肌を黒くするUV-Bを防ぐ数値を現す+は最低でも三つ以上あるものが良いでしょう。出来ればその上にラッシュガードやUVカットの機能が付いているカーディガンがあればベストですね。

帽子、サングラスも持って行きましょう。黒はご存知のように熱を集めやすい色です。日本人の黒髪は太陽の熱を溜め込んでしまいますから頭も守りましょう。通気性の良いメッシュ製かストロー製がおススメです。

日焼けしてしまった時のために

どんなに対策しても焼けてしまうものです。焼けてしまった時はどうしていますか?いろいろな方法がありますが、たっぷり化粧水をつけて乳液を付ける方法がおススメです。いつもの顔のお手入れを焼けたところにするということです。冷蔵庫などで冷やしておくと火照った肌にはさらに効果的です。身体は面積が広いので遠慮なく使える少し安めの基礎化粧品セットを持っていけばいいでしょう。

レジャーセットがあればいつでも遊べる!

海が美しい沖縄に来たからには海に入る予定はありますよね?だったらシュノーケルセットは持って行きましょう。レンタルもありますが、大体どこでも一回1,000円します。どこかのツアーに参加する時も別料金になっているところも多いです。平均的な滞在期間が3泊4日として、3日間借りたら3,000円。しかも家族の分まで借りるとしたら・・・?安いもので1,500円くらいから購入できますので持参しましょう。そうすれば入りたい時にすぐに海を満喫できます。

水着は一着ですか?あれば二つ持っていったほうが無難です。宿泊先に乾燥機があればいいですがない場合もあります。一日泳いで洗濯して夜干せば乾くかといえば、沖縄は意外と乾かないことが多いのです。日中干せば問題ないですけどね。海水浴後のシャワーに使う大判のタオルも一枚入れておきましょう。

思い出作りに必要なものとは

スマホ、携帯、カメラの充電器をお忘れなく。カメラはバッテリーの予備があれば安心です。そうは言ってもなかなかの値段がするバッテリー。購入するのが躊躇われるなら互換バッテリーを探してみてはどうでしょう?嬉しいことに半分以下の格安で手に入ります。

SDカードはメモリのゆとりあるものにしたいですね。静止画だと16GB で約2000枚、32GBだと約4000枚保存できます。3泊4日なら8GBあれば足りるでしょう。一枚に集約するのではなく二枚に分けておけば万が一水に落としたりするなど破損した場合はカバーできます。素晴らしい絶景が目白押しの沖縄で、バッテリー切れで撮り損ねるという悲劇はあってはならないことですからね。

その他家事、日常のこと

沖縄の大きなホテルは問題ないのですが、民宿や小さな施設の場合、洗濯機があっても洗剤は備え付けになっていないところもあり、そういう場合は割高な洗剤を購入せねばなりません。小さな小分けのものを持参するか、小さなボトルに入れて持参しましょう。

コンドミニアムなどに泊まるならお米を持参すれば現地で使うお金を節約できます。軽量カップも忘れないように。調味料は置いてあることも多いので宿に聞いてみましょう。野菜や果物を沖縄の道の駅で購入したり、美味しい石垣牛を買ってBBQするのは楽しいものです。そうそう、オリオンビールや泡盛もお忘れなく。さざ波をBGMに素敵なサンセットタイムになること間違いなし。

虫除け、虫さされの薬も持って行きましょう。本島にはいないサイズの虫と遭遇する場合も考えられます。すぐに応急手当が出来れば安心ですからね。持病のある人は薬は宿泊日数分と、保険証も持っていきます。

最後に・・・沖縄を満喫するコツ

沖縄は「神の島」と言われており、実際にパワースポットが至る所に点在しています。その雰囲気や空気を味わうためにゆとりのあるプランを作成しましょう。どこか半日何も予定を入れない日を作るのです。そしてその日になってから気持ちに従って行動する、またはぼんやり海を眺めて過ごす・・・。神の島、沖縄で神秘的な体験が待っているかもしれませんよ。沖縄で素晴らしい思い出が出来ますように。

-沖縄観光

関連記事

与那覇前浜ビーチ

沖縄のおすすめのビーチを一挙ご紹介

沖縄には綺麗な海を満喫できるビーチがたくさんあります。沖縄旅行に行く時にどのビーチに行ったら良いのか迷った人のためにおすすめのビーチを厳選してご紹介します。 美らSUNビーチ AKB総選挙の場所にも選 …

海

2018年版!沖縄の海開

ホエールウォッチングをテレビで取り上げていたのは、ついこの間だったのに、早くも海開きの予定が話題になっています。沖縄各地の海開きの予定をまとめました。 万座ビーチ 海開きは日時:2018年3月17日( …

美ら海水族館

美ら海水族館へ行こう!

日本には大小含めて100以上の水族館があります。日本最大級のホテル予約サイト「じゃらん」おすすめ水族館ランキングで1位を守り続けているのは沖縄県の美ら海水族館。中心地那覇から自動車で2時間という距離に …

国際通り

沖縄の国際通りでオススメの飲食店

沖縄グルメはもちろん、世界各国の料理が終結する沖縄の国際通り。おすすめの飲食店をご紹介します。 沖縄料理を楽しみたい 旬菜処 びいとろ 路地裏のビルの二階にある「旬菜処 びいとろ」は旬のものを旬にいた …

めんそーれ

沖縄旅行で知っておきたい方言

日本じゃない日本、沖縄 数年前、沖縄県の久高島に行った時に自転車を借りるために一軒のお宅に伺いました。港から歩いて3,4分ほどの一般の家庭でした。手ごろな自転車を選び、格安なお金を払って家を出ようとし …