さんさん沖縄

沖縄県の地域情報発信サイト

グルメ

春が旬の沖縄食材を紹介!

投稿日:2022年2月5日 更新日:

「旬の食材は旨い」は全国共通の食の常識!でも沖縄食材は本土の食材とは違ったものも多く、いつが旬なのかがわからない人も多いはずです。そこで今回は「春が旬の沖縄食材」を一挙まとめて紹介します!

ハンダマ

ハンダマ

沖縄を代表しる島野菜の一つであるハンダマは、鮮やかな緑と紫の色をしている葉野菜です。

地元ではとてもメジャーな食材ですが、「紫&緑」という見た目にもインパクトのある葉野菜なので初めて目にした人はたいてい「これ、食べられるんですか?」と質問します。

確かに見た目のインパクトがすごいハンダマですが、実は豊富な栄養成分を含んでいるため「食べる万能薬」ともいわれています。

中でもハンダマに豊富に含まれる「アントシアニン」は目の疲労回復や視力の向上、さらにガンなどの生活習慣病の予防にも高い効果が期待できるといわれています。

そのほかにも「肝機能の回復」「血圧の上昇抑制」「血栓の生成抑制」などの効果もあるので、昔から様々な調理法で食べられてきました。

沖縄では冬から初夏にかけて収穫されますが、旬は春です。

普段は和え物や汁物、炒め物などにすることが多いですが、旬のハンダマはシャキシャキ感がすごいので生で食べてもおいしいです。

また色が鮮やかなので、てんぷらにすると見た目にも美しいです。調理の方法によっていろいろな食感が味わえるのも旬のハンダマの楽しみ方になります。

島らっきょう

島らっきょう

地元だけでなく観光客からもファンの多い島食材が「島らっきょう」です。

辛みの強さと香りの強さが特徴の島らっきょうは、一度食べると癖になる島野菜です。ただ、その強烈な香りがあるため、「食べすぎ注意」といわれる食材でもあります。

長く保存をするには「土がついたままの状態」がベストですが、お土産として持ち帰るのであれば真空パックされた状態のものを選ぶのがおすすめ。

とにかく匂いがきついので、新聞紙に包んだままの状態で機内に持ち込むと周りの乗客から苦情が出ます。

ちなみに地元で人気の食べ方は「天ぷら」です。

加熱されることによって浅漬けにされた島らっきょうよりも匂いが気にならなくなるのですが、匂いそのものがなくなるわけではないのでやはり食べ過ぎには注意!

ただ酒の肴としては最高なので、春に沖縄を訪れたらぜひとも味わってほしい調理法です。

シブイ

冬瓜

沖縄方言でシブイは「冬瓜」のことを言います。

「冬の瓜」と書くシブイがなぜ春の旬食材化というと、4月から6月にかけて収穫のピークを迎えるからです。

もともとシブイは「夏が旬の食材」です。でも冬瓜は保存期間が長い食材としても有名で、夏に収穫しても冬まで保存しておくことが出来ます。だから漢字で書くと「冬瓜」となったといいます。

そんなシブイですが、表面の皮が分厚いのが特徴です。

キュウリのような青々とした皮で包まれていて、一般的に両手で抱えるほどの大きさまで成長します。包丁でカットした断面は白く美しいです。水分を豊富に含んでいるため、みずみずしさもあります。

ちなみにシブイはビタミンCやカリウムを多く含んでいるため、身体によい食材として琉球王朝時代から広く食べられてきた食材です。

肉だけでなく魚とも相性が良いので、地元では煮物や汁物に調理することが多いです。

海ぶどう

海ぶどう

沖縄の春の旬食材といえば「海ぶどう」も忘れてはいけません。一年を通して収穫できるのですが、旬の海ぶどうはやはり一味違います。

海の食材ですが15~25℃が保管に最も適した温度とされているので、冷蔵庫に入れて冷やさないのがポイント

お土産として購入しても保冷パックなどに入れる必要がないので、旬の味をそのまま自宅に持ち帰ることが出来る手軽さも魅力です。

食べ方もいろいろありますが、旬の海ぶどうはそのままでも十分おいしく食べられます。

ほんのり潮の風味がするので、あえて味を足さない方が海ぶどう本来の味を楽しむことが出来ます。

贅沢に旬を楽しみたいのであれば、真っ白いご飯の上に豪快に海ぶどうを盛りつけるだけの「海ぶどう丼」がおすすめです。

沖縄の旬食材は島の家庭料理で食べるのが一番!

沖縄の春に旬を迎える食材はほかにもありますが、一番おいしい食べ方は「沖縄の家庭料理」にあります。

どの食材も古くから地元で食べられてきたものばかりですし、何よりもシンプルな調理法で食べるのが旬食材は活きます。

沖縄の食材は初めて見るものも多いと思いますが、調理法に悩んだら地元の人に直接聞いてみるとおいしい調理法を教えてもらえます。

また同じ食材でも旬だからこそおいしい食べ方もありますので、「今の時期ならどんな風にして食べるのがおすすめですか?」と聞いてみるのもおすすめです。

目で見て楽しむ春の沖縄も良いですが、食を通して春の沖縄を楽しむのもなかなかいいですよ!

-グルメ

関連記事

タンカン

冬に食べたい!冬が旬の沖縄食材

一年を通してそれほど気温の差がない沖縄ですが、冬は例外です。半袖・短パンでほぼ一年OKな沖縄でもさすがにコートが必要になる冬。そんな冬の沖縄で旬を迎える食材は、夏とは違った美味さと魅力があります。 ク …

カニエステル

冬が食べごろの沖縄の美味しい、珍しいフルーツ3選

亜熱帯の気候で年中温暖な気候で知られる沖縄。冬も美味しい、沖縄ならではの果物が旬を迎えます。中にはそれは本当にフルーツなの!?と目を疑うようなフルーツもありますよ。沖縄の冬が旬のフルーツのご紹介です。 …

国際通り

沖縄の国際通りで修学旅行生におすすめの大盛りランチ

国際通りの自由散策中のランチは、学生割りをしているお店もたくさんあります。でも、できれば安くて大盛りランチのほうが、お土産に使う予算も確保できます。そこで、修学旅行生におすすめランチを紹介! くりすた …

タンカン

沖縄のたんかんの魅力とタンカン狩りが出来る場所をご紹介!

みかんといえば、こたつの中でテレビを見ながら食べる定番のあの橙色のフルーツ。でも沖縄で「みかん食べる?」と聞かれると、見た目がちょっと不細工なたんかんが出てきます。さて、そのたんかんとは? たんかんっ …

暖暮

国際通り近くの暖暮はなぜアジア系外国人観光客の行列ができるのか

国際通りを訪れる外国人観光客は、年々数が増えています。中でもアジア系の外国人観光客の姿は激増しました。そんな国際通りの近くにアジア系外国人観光客ばかりのラーメン店があります。 炎天下のラーメン店の前に …